青汁にカフェインって本当?子どもや妊婦が飲めるのか調べてみた!

妊婦はカフェインを避けたい

妊婦さんが青汁を飲む際に注意しておきたいのが、カフェイン入りではないか?ということです。
妊婦さんは過剰なカフェインの摂取を気をつけたほうが良いことは、多くの方がご存知だとは思いますが、青汁を飲む際に注意しているでしょうか?

 

カフェインは少量なら良い作用をもたらしますが、妊婦さんの場合まだ内臓が未発達の胎児にも伝わるため注意したほうが良いのです。

 

・ 興奮作用
・ 心拍数の増加
・ 血管を拡張させる
・ 尿の生成を促がす
・ 基礎代謝の上昇
カフェインはこれらの作用があります。
カフェインは眠気覚まし、気分をスキッとさせるためによく利用されていますが、過剰摂取をすると、逆に興奮しすぎたり心臓に負担をかけたりします。

 

妊婦さんは通常よりカフェインの分解や排泄にかかりやすく、血液を通して胎児にも伝わるため、適度な量に制限することが大切です。

 

内臓が未熟な赤ちゃんは当然カフェインを分解、排泄しにくいわけですから、量が多くなればその影響は強くなります。

 

最悪の場合では流産につながることもあると医師の中では警告する方もいます。量が多いとはコーヒーを1日8杯など大量に飲んだ場合です。

 

では、青汁にカフェインは含まれているのでしょうか?
一般的にはコーヒーやお茶類などに含まれているイメージがあります。
実は青汁を飲みやすくするために抹茶を添加する商品もあるのです。

 

飲みやすい青汁に注意

妊婦さんが青汁を選ぶ際には、抹茶入りの商品に注意してみてください!
その理由は抹茶にはカフェインが含まれているからです。

 

青汁というと飲みにくいというイメージがある方も多いと思いますが、その味を良くするために抹茶を加えている商品も多くなっています。
野菜のみだと味が悪くなったり、青臭い味になりやすいため、飲みやすさを重視した商品には抹茶が加えられていることがあります。

 

よく「抹茶味」「抹茶風味」と書かれている商品は注意してみましょう。

 

青汁は毎日飲まないと効果が得られませんし、メーカー側もできるだけ味を改善しようと努力した結果です。
抹茶風味なのはとても飲みやすく、商品選びとしてはよいものです。
しかし、妊婦さんにとってはカフェインが気になるため、できるだけ避けたほうがいいわけです。

 

原材料が野菜のみで作られている商品なら、青汁でもカフェインの量が含まれていない可能性があります。例えばケール100%とか、大麦若葉100%、明日葉100%などの原料などでしょうか。

 

商品のパッケージの裏を見れば、使用している原料がすべて記載されているため、チェックしてみてください。
そこに抹茶と書かれている場合は要注意商品ということになります。

 

詳しい楽天カードポイント内容へ 

関連サイト

抹茶はどのくらい含まれている?

抹茶入りの青汁商品では、実際にどのくらいカフェインが含まれているか気になる方が多いはずです。
しかし、メーカー側では明確に公表している商品は少ないようです。

 

その理由はいくつかあります。
・ 青汁に添加する抹茶は少量であること
・ 健康に被害を与えるほどカフェインが多くなりにくい
・ 妊婦さんでも1日数杯なら影響が出にくい
などの理由からです。

 

もともと青汁は野菜がメインとなっていますから、風味を良くするために配合する抹茶の量はごく少量です。
大量に入れることは少ないため、青汁を1日に数杯飲んだからといって、健康上影響を与えるほどカフェインを摂取するわけではないのです。

 

もし妊婦さんが飲んだとしても、1日1杯〜2杯など少ない量なら、カフェインの量もそれほど多くなりません。

 

抹茶自体がコーヒーに含まれるカフェインの量より少なめです。
ドリップコーヒーでは100ml程度なのに対し、抹茶はその半分くらいに下がります。
妊婦さんでも1日にコーヒー1杯くらいなら許容範囲ともいわれているため、青汁を1日に1杯〜2杯くらい飲んでも、影響が少ないのがわかると思います。

 

妊婦さんは絶対にカフェインを飲んじゃいけないわけではなく、影響が出るほどの量を飲まないように、ということなんです。

カフェインフリーの青汁

妊婦さんが抹茶入りの青汁を飲む場合、1日に1杯〜2杯程度なら許容範囲とはいっても、やっぱりカフェインの量が気になる方もいるはずです。
例えば、1日に1杯必ずコーヒーを飲む方などです。

 

そんな方は、ノンカフェインの青汁を選ぶようにしましょう。
抹茶入りの青汁でもそれのみなら許容範囲ではありますが、他の食品でもカフェイン摂取量が多いなら、青汁にカフェインが含まれていないものがおすすめです。

 

原料で選ぶなら次のようなものです。
・ ケール
・ 明日葉
・ 桑の葉
・ 大麦若葉
これらはすべて青汁の原料として使われています。
以前はケールがほとんどでしたが、最近は飲みやすい明日葉、桑の葉、大麦若葉なども青汁の原料として使われるようになりました。

 

青臭いのがダメという方は、ケール以外の青汁を試してみてください。

 

これらの原料が100%に近いものは、殆どカフェインが含まれていません。
わずかな量はあるかもしれませんが、ノンカフェインと表示できるくらいの量です。

 

注意したいのが原材料に抹茶、カテキンなどと書かれている場合です。
この場合は抹茶が加えられているため、ノンカフェインではありません。

 

100%青汁の原料で作られているものは、絞りたての青汁を冷凍した商品などがあります。

 

青汁について